「手に余る、身に余る」って英語でなんて言うの?

2020-05-07

英語で「手に余る、身に余る」でどのように表現するのかシェアします。

「余る」シリーズのPart2になります。
「(時間、物が)余る」って英語で何て言うの?
「目に余る」って英語で何て言うの?

Let’s get started it !!

日本で意味を確認すると以下のようになります。

<身に余る>
処遇や評価、あるいは役割などが、過度であり自分にはふさわしくないと思われるさま
<手に余る>
物事が自分の能力以上で、その処置ができない。手に負えない。

日本語での意味を念頭に置き、英語の例文を確認してみます。


undeseved honor
It’s undeserved honor. 「身にあまる光栄です。/ 私にはもったいないほどです。」


more than someone deserve
It’s really more than I deserve.「本当に私には身にあまる光栄です。」

more honer than someone deserve
It’s really more honor than I deserve.「とても身に余る光栄です。」


今回の表現は使用される場面は限定されます。ベストな表現を覚えておくのがベストでしょう!

「余る」のその他の表現を確認できます。違いを確認してみて下さい。
「(時間、物が)余る」って英語で何て言うの?
「目に余る」って英語で何て言うの?

今日はここまで。
See you next time